不妊治療が受けられる病院選びのポイント

不妊について知ろう
不妊治療専門病院で受けられる体外受精
信頼できる不妊治療専門病院を見つけよう

不妊治療病院は信頼できるところを選びましょう

若いうちに不妊検査や治療を受けようと考えているのであれば、病院で行うことができます。ですが、いざ治療を受けようとしてもどこを選べば良いか分かりません。自分に合ったところを探し回るのは時間がもったいないですし、ストレスが溜まってしまうので長く付き合えるところを探しましょう。

比較的若いうちは「婦人科」へ行ってみましょう

女性のお腹

年齢が若い、避妊期間が短いなどであれば近くの産婦人科に行ってみると良いでしょう。産婦人科には、赤ちゃんや妊婦さんが訪れ、検査や診察を受けます。他の人が子供を授かっている姿を見るのが苦しいというのであれば、不妊治療専門病院に行った方がストレスは少ないです。また、年齢が30代後半、40代であれば近所の婦人科でなく、専門病院の方がいいといえます。不妊治療専門病院であれば、不妊原因が見つかった場合はすぐに治療を行うことができます。

専門家がいるのは「不妊治療専門病院」

不妊治療専門病院には、不妊を専門に扱っています。体外受精などの治療例も多いですし、技術や知識などの経験が豊富な医師が多いのが魅力です。不妊検査や診察の流れもスムーズですし、設備としても充実しています。また、専門の病院では、カウンセリングや各種テラピーなどのサービスが充実しているところもあります。不妊治療に成功し妊娠した場合は、出産は婦人科に転院をしなくてはなりませんが、病院と連携しているところも多いので紹介してもらうと良いでしょう。

不妊治療専門病院を選ぶPOINT

不妊治療専門病院を選ぶ際のポイントは通院がしやすいか、評判を見てみましょう。実際に勉強会に参加してみて、相性の合う不妊治療専門病院を選ぶこともできます。夫と一緒に安心して通えるところを探して不妊治療を受けましょう。

通院のしやすさ
不妊治療は自分の都合で進めることは難しいといえます。ホルモン状態、卵胞の成長具合、仕事など優先しなくてはいけないことも出てきます。そのため、通院しやすいかがポイントになります。自宅から病院までの距離、職場から交通機関が使えるか、どれくらい時間がかかるかなどを調べて、どこが通いやすいところなのか探してみましょう。また、通うとなると体外受精などの治療とは別に移動で費用がかかります。通いやすいところだけでなく、一緒に費用も合わせてチェックしておきましょう。
評判の良さ
不妊治療専門病院は、本や雑誌、インターネットで調べることができます。設備や料金などについて調べることも大切ですが、評判の良さについて知ることも重要です。ネットで検索する際は、自分が気になるキーワードをいくつか重ねて検索すると、評判の良いところを見つけることができます。情報を鵜呑みにするのではなく、参考程度で不妊治療専門病院を探してみましょう。話を聞いてみたいところがあれば、いくつか候補を出してカウンセリングを受けてみましょう。
勉強会への参加
不妊治療を行っている不妊治療専門病院の多くでは、講習や勉強会を行っているところが増えてきています。勉強会や講習では、体外受精や人工授精などの不妊治療に関することを医師から直接話を聞くことができます。また、個人的な質問にも答えてくれます。気になるところがあれば参加してみましょう。参加する時は夫婦揃って行けるようにスケジュールを確保しておきましょう。不妊治療は、子どもを授かるための夫婦の治療なので、お互いに情報共有することが大切です。

診察時は化粧やマニュキュアを控えよう

座っている女性

20代の比較的に若い年齢となると、マニキュアや化粧などお洒落をしたい気持ちでいっぱいな方が多いでしょう。ですが、正確的な視診を行うためにもお洒落をするのは、少しの間は我慢しましょう。ですが、初めて問診を受けるとなるとどのような服装で行けばいいか分からないという方も少なくありません。内診台に乗り降りするので、着脱しやすい服装の方が適しています。パンツよりかはフワっとしためくりやすいスカートの方が問診しやすいでしょう。

お互いのことを思い合いながら不妊治療を進めよう

不妊治療はいつまで続くか分かりません。また、お互いにプレッシャーに感じてしまいそれが原因で精神的に不安定になることもあります。それだけでなく、不妊治療にかかる費用で頭を悩まされる方も多いようです。ここでは、どう対処すれば良いのか説明していきます。

若い夫婦は精神的・経済的負担が大きい

若い世代で不妊治療を受けている夫婦には、2人に1人が治療を辞めようか思った経験があるという回答をしています。不妊治療を辞めようと思った理由としては、精神的に不安定になったということが多いです。また、精神的なものだけでなく、経済的な負担が大きいことも理由として挙げられます。不妊治療を受けた若い世代の約30%以上の人が100万円以上の費用がかかったと答えています。不妊治療は年齢を重ねていくことで、高額になり負担が大きくなってしまいます。

夫婦で不妊治療を受けるときの心得

男性の心得
不妊治療専門病院に通院することで、女性はプレッシャーになります。肉体的にも精神的にもストレスを抱えてしまうことが多いことを男性は理解しておきましょう。また、男性が自分でできる妊娠率を高めるための方法として、射精の頻度を上げることです。3日以上禁欲すると死滅してしまう精子が増えてしまい、悪影響を与えてしまいます。そうならないためにも、妊娠確率が高い時期に行うのではなく、スキンシップとして普段から心掛けるようにしましょう。
女性の心得
不妊治療を行っていると、精神面で悩みを抱えてしまうことが多いです。不妊治療に関することやそれ以外の悩みは一人で考えるより、パートナーに相談することが大切です。自分の考えを押し付けたり、相手の意見を否定したりせずに、男性側の意見も受け入れましょう。夜の営みでは、排卵日以外にもスキンシップを取るようにしておくと効果的です。排卵日をあからさまに伝えて、パートナーにプレッシャーをかけずに、愛情表現の一つとして楽しむのも良いでしょう。

TOPボタン